日々の出来事

管理人の気になるニュースを配信していきます

ヒノキ花粉の症状で薬が効かない人へオススメする治療は?

   

 

 

毎年春になると悩まされるのが花粉症です。

 

 

2月になるとスギ花粉が全国各地で飛散し、目が痛くなり、鼻水やくしゃみが止まらなくなったりと悲惨な日々をおくられている方は多いと思います。

 

 

スギ花粉が終わったと油断していると3月にはヒノキ花粉のシーズンが待ち構えているのでしばらくは花粉症との戦いの日々が続きます。

 

 

人によっては痛みの症状が異なりますが、喉の痛みは避けて通ることが出来ません。

 

 

今回はヒノキ花粉で悩まされる症状や薬を飲んでも治る気配がないという人の為に、オススメする治療法をご紹介させていただきますので参考にして頂ければと思います。

 


スポンサードリンク
 

 

ヒノキ花粉の症状

 

index

 

 

花粉症には私も毎年すごく悩まされています。

 

 

 

私の場合は鼻が詰まったり目が痛く、イケナイと分かっていても目をこすってしまうので顔がズタボロになって鼻なんて取ってしまいたいぐらいの気持ちです(T_T)

 

 

しっかりとした予防や対策は必要ですので、ヒノキ花粉の症状をしっかりと理解しておきましょう。

 

 

ヒノキ花粉も症状は喉の痛み・目のかゆみ・鼻水

 

 

1402075top

 

 

花粉症の人で最も被害を被っているのがスギ花粉だと思います。

 

 

スギ花粉の症状といえば、鼻水・鼻詰まり・目のかゆみ・喉の痛み・くしゃみが代表例として上げられます。

 

 

もう顔全てのパーツが花粉でやられてしまうのでイライラして仕方ありません。

 

 

ヒノキ花粉もスギ花粉と症状は全く同じですが、人によっては痛みがよりけりで一度でも花粉症になってしまえば飛散しているシーズンは最悪なことに症状が収まることがないと言われています。

 

 

皆さん共通して辛いと言われているのがやっぱり喉の痛みだと私は思います。

 

 

鼻が詰まってしまうと、どうしても口で呼吸してしまうので喉がやられてしまいます。

 

 

ですので花粉シーズンは喉が痛いという人が多いのです。

 

 

私もその1人ですので辛さは重々と理解していますよ。。。。

 

 

いつまで我慢したら花粉症を乗り越えられるの?という質問も多かったのでお答えさせていただきます。

 

 

ヒノキ花粉の時期

 

 

2月中旬から4月上旬まではスギ花粉が日本中で飛散しており、3月中旬から5月上旬までがヒノキ花粉の時期なのです。

 

 

ですので3月と4月はスギとヒノキが同時の飛び回っているので、もう最悪な時期ですよね。

 

 

各地同時に飛散することはまず考えられないので徐々に広まっていくと考え、貴方の住んでいる地域によって時期が異なりますが2月から6月までは花粉シーズンと考えておいていたほうが良いでしょう。

 

 

住んでいる地域によって時期やピークが異なる

 

E1453713331635_0e50_1

 

 

貴方の住んでいる地域のよって飛散する時期やピークが多少は異なりますのでしっかりと覚えておきましょう。

 

 

各地のヒノキ花粉ピーク時期。

 

 

・3月中旬から4月上旬まで飛散する地域

 関西・九州

・3月下旬から4月中旬まで飛散する地域

 東海地方・関東

・4月中旬から下旬まで飛散する地域

 東北地方・北海道

 

 

ちなみに私が住んでいる地域は関西地方ですので、ヒノキ花粉が襲来してくる時期は3月中旬から4月上旬ということになります。

 

 

毎年の飛散している時期のデータを参考にしているので多少は異なる可能性がありますが、大体の目安は上記で説明させていただいた時期に間違いありません。

 


スポンサードリンク
 

 

ヒノキ花粉の症状が出て薬が効かない場合

 

8e94239aace699870de22554a9681536_s

 

 

病院へ行かなくとも花粉症の薬はドラッグストアなどで市販で購入することが出来ます。

 

 

私自身、初めて花粉症になったときは近くの薬局に駆け込んで「花粉症に効く薬を下さい」と頼み何度も購入した記憶があります。

 

 

飲むとやっぱり薬の効果が効いて鼻水や喉の痛みが随分とマシになり「治った」と思いましたが、また数日すると悪化し薬を飲んでの繰り返しでした。

 

 

 

ある日突然、薬の効果が全く効かなくなったんです!!!

 

 

 

決して購入していた花粉症の薬が悪かった物ではありませんでしたが、薬が効かなくなるにはしっかりとした原因がありました。

 

 

1番の原因として考えられるのが身体の体調だということです。

 

 

例えると、十分な睡眠を取っていなかったり前日にお酒を必要以上に飲んでしまったことから身体の免疫力が低下しているせいで薬の効き目が薄くなっていました。

 

 

あと数日前より沢山の花粉が飛散していて、貴方の自宅の中にも花粉が飛び回っていることが十分に考えられるからだと私は思いますね。

 

 

ですので花粉症の時期は家の窓はなるべく空けずに、しっかりとご飯は食べて睡眠を取り身体のコンディションを保たなければなりません。

 

 

花粉症には注射治療が効く!!

 

timthumb.php

 

 

花粉症に最も効く治療法があります。

 

 

薬より最も効き目があるのが注射治療だと言われています。

 

 

花粉対策の注射には、ステロイド注射・ノイロトロピン注射・ヒスタグロビン注射の3つが代表的に上げられその他の注射もあります。

 

 

治療をすることでまずデメリットとして考えられるのが副作用だと思います。

 

 

各注射の種類により副作用が異なりますが、私が最もオススメするのがノイロトロピン注射です。

 

 

ノイロトロピン注射には副作用がない??

 

 

ノイロトロピン注射は聞いたことあるが、どんな効果があるのか副作用が気になる方が多いと思うのでご説明させていただきます。

 

 

元々、ノイロトロピンは痛みを抑える効果があり病院でも患者さんに使用されている非常に安全性が高いと言われています。

 

 

そんなノイロトロピンを使用し花粉症を改善させる為に接種させている内科の病院は今となっては珍しくありません。

 

 

気になる効き目は十分あると言われており、人によりけりですが1回の接種で1シーズンを乗り越えられる人もいるみたいなんです。

 

 

2月から6月までは花粉が飛散する時期なので摂取する頻度は2ヶ月に1回で重症の人は1ヶ月に1回が目安です。

 

 

効果は1人1人の免疫力にも関係しており確実に100%抑えることが出来るとまでは断言できません。

 

 

ただ接種するほうが断然楽になるのも間違いないといっても過言では無いぐらいです。

 

 

ノイロトロピン注射の副作用ですが、長期で接種しても副作用はないと言われているぐらい安全だと言われているので花粉症の注射治療で接種する人が多いことも理解出来ますよね。

 

 

もし副作用が多少でも出た場合はすぐに病院に行くことをオススメします。

 

 

あくまでも薬ですから゛絶対゛というのはありませんからね。

 

コチラで貼り付けている動画では実際に病院で花粉症対策の注射治療はどのようものか専門医さんが詳しく話されているのでとても参考になるので目を通しておきましょう。

 

 

 

まとめ

 

 

花粉の時期は本当に辛いと思います。

 

 

私は学生時代に初めて花粉症になり毎年2月になると戦っています。

 

 

一度なってしまえば完治させるのが難しいと言われている花粉ですから、少しでも軽傷で抑えるためにも薬を飲むことより注射治療を私はオススメしますね。

 

 

記事中でもお話したとは思いますが、薬がどうしても効かなくなり注射の怖さに怯えながらノイロトロピン注射治療をした途端に一気に花粉の症状が薄まり今でも花粉シーズンに突入する前は予防接種しています。

 

 

まだヒノキ花粉の時期に症状が出るくらいなら2ヶ月程度で収まるので大丈夫ですがスギ花粉から被害をいる人はヒノキ花粉の時期も症状が継続するので3~4ヶ月は我慢しなければなりませんよね。

 

 

早い内に予防接種はしておきましょうね(*^^*)

 


スポンサードリンク

 - 花粉症 , , ,